ワークショップ

unforeseen trip / 行き先を自分で決めない旅について話す会(おやつ付)

日時:2014年5月17日(土)14:00 - 16:00
場所:SHIBAURA HOUSE 東京都港区芝浦 3-15-4
定員:30名
料金:300円

 

行き先を、自分ではなく見知らぬ人に決めてもらって、旅に出る。
そして感じたことを、文章や写真以外の方法で伝える、ワークショップです。
旅って行きたい所に行きたい人と行くものでしょ、とは思いますが、道草をしてみると、
いつもとはちょっと違った景色が見えてくるかもしれません。
今回は、おやつを食べながら、このワークショップの前にした、行き先を決めない旅の報告会と、
(やってみたい)旅について話す会にしたいと思います。

コーディネーター

河内田 絵美 (かわちだ えみ)
1983年生まれ
2009年 東京藝術大学大学院修了 → 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を経て、
武蔵野美術大学美術館・ 図書館勤務(2011 年~)

二宮金次郎について考える 第1回 「薪を運びながら、本を読むこと」
二宮金次郎について考える 第2回 「同時にいくつものことを行うこと」

日時:2014年5月17日(土)16:05 - 16:20 / 7月5日(土)16:05 - 16:20
場所:SHIBAURA HOUSE 東京都港区芝浦 3-15-4
定員:なし
料金:無料

 

二宮金次郎の行動を改めて考える場を作ることにしました。
彼の行動を検証することで、今の働き方や生活を思い返すきっかけになるのではないか
と思ったからです。同時にいくつものことをした二宮金次郎の行動は、
きっとぼくらの生き方に新しいヒントを付け足してくれることでしょう。
1つ1つの行動の組み合わせを同時にすることによって、思いもよらなかった出来事や
発見があるのではないか、そのことを考えたいと思います。
このプログラムはレクチャーの形式で行ないます。

コーディネーター

松宮 俊文 (まつみや としふみ)
1985年生まれ
人形劇の企画・制作 / 展示フライヤー収集 / 多摩美術大学大学院修了 /
企画した主なイベントに
「3月6日 電車であなたと出会うこと / We will meet you in the train」(2011年)、
「とまる とまってかんがえる ひきかえす ときどきいそぐ」(2013年)などがある /
2004年から美術館の展示に関するフライヤーの収集を開始し、現在も継続中。

ご予約方法

件名を『にちじょう 7月5日』と参加ご希望のワークショップの日時を明記し、お名前、人数、お電話番号、を明記の上、以下のメールアドレスまでご予約ください。
nichi2jo[at]gmail.com [at]→@

ライフスタイル・セールスマンによる、現実的に天然酵母と暮らしていく方法

日時:2014年6月21日(土)14:00 - 16:00
場所:SHIBAURA HOUSE 東京都港区芝浦 3-15-4
定員:30名
料金:200円

 

「僕の家にはかまどもないし、オーブンレンジもない。別にオーガニックになる気もありません。
本気でパン職人への転職を試みましたが、有名店で説教され、すぐに諦めました。」
そんな現代人なプレゼンター・坪田大佑が、
忙しい日々を送りながらも天然酵母を育て続け、週末にパンを焼くという
生活の中で芽生えた「少しの変化」を伝えるため、パン作りの実演/参加者全員での
天然酵母作り/フリートークを、同時進行でせわしなく行っていきます。

コーディネーター

坪田 大佑 (つぼた だいすけ)
1985年生まれ
プランナーや編集者などなどを経てきた、ジタバタするデザイナー
早稲田大学米式蹴球部 → 桑沢デザイン研究所 → Eat creative → PARTY → 現在 /
実験活動ユニット MASTER'S VACATION所属 / ditabata.org

『つくりかた』からつくるワークショップ【曲をつくる】のつくりかた

日時:2014年7月5日(土)14:00 - 16:00
場所:SHIBAURA HOUSE 東京都港区芝浦 3-15-4
定員:なし
料金:500円

 

ものをつくるための過程や方法(=『つくりかた』)に変化を加えて、
『つくりかた』からつくってしまおう、というワークショップです。
今回は、“風景をきりとる”という方法を加えて、【曲をつくる】のつくりかたをします。
SHIBAURA HOUSEの周りを散策し、集めた風景を材料に1つの曲を作成します。
普通とは異なる方法でものをつくることを通して、普段の生活が少し違ったものになるかもしれない。
そんな発見が得られるようなワークショップを目指します。
音楽や、美術の知識がない方も大歓迎です。

コーディネーター

齊藤 純 (さいとう じゅん)
1982年生まれ
デザイナー / 2005年 多摩美術大学 グラフィックデザイン学科卒業 →
現在、DRAFTにてグラフィックデザインを中心に活動中 /
実験活動ユニット MASTER’S VACATION所属

SHIBAURA BURGERを考える。

日時:2014年8月30日(土) 14:00 - 16:00
場所:SHIBAURA HOUSE 東京都港区芝浦 3-15-4
定員:なし
費用:500円(材料費込)

 

『フィッシュバーガーを』作るには何が必要で、その必要なものをどうやって手に入れるのだろうか。
SHIBAURAHOUSE周辺を散策しながら、自分たちなりに『フィッシュバーガー』を作ってみましょう。
どうなるかは参加してのお楽しみです。

コーディネーター

西尾 健史 (にしお たけふみ)
1983年生まれ
建築デザイナー / 桑沢デザイン研究所卒 /「これからの暮らし方、及びそれを取り巻く
状況全般を対象にデザインする」をコンセプトに活動中 / 現在は千葉県松戸市を対象とした
MAD Cityプロジェクトに携わりながら、地域でDIYやワークショップを定期的に行い
「共に暮らしを考える」活動も行っている

日用品における機能の交換 その実践と考察

日時:2014年9月6日(土)14:00 - 17:00
場所:SHIBAURA HOUSE 東京都港区芝浦 3-15-4
定員:12名
料金:無料

 

私たちは、普段の生活において概ね合理的な思考に基づき行動しています。
そこに焦点をあてた時、合理的な思考によって
失われている多くの選択肢、可能性の存在に気づきました。
このワークショップでは、2つの日用品の機能を交換して使用することにより
本来その道具が持っている合理(合理的な機能)を壊し、
そこで起こる作用を表出させることを試みます。
また、その実践を通して起こった作用や自身の感情に対して考察を行います。

コーディネーター

山下 和宏 (やました かずひろ)
1982年生まれ
デザイナー / 千葉県出身 / 2002年、短大を卒業後、
フリーランスで活動を開始 → 現在、web、グラフィックを中心に活動中 /
http://nmpd.jp

tumblr